HOME

頭と練習量でどこまでも強くなれる

東北大学柔道部は、柔道が強い人のためにあるのではない。
では、何故にあるのか。私は、何か強くなりたい人のためにあると思っている。
我々柔道部は、年一度の国立七大学優勝大会(七大戦)で優勝することを第一目標に日々稽古を積んでいる。
七大戦は、いわゆる高専柔道 の流れを汲んだ寝技中心のルールで行われる。
寝技は立ち技に比べてセンスをあまり必要としないため、頭と練習量でどこまでも強くなる事ができる
初心者や運動オンチでも、理論と努力によって伝統の技と精神力を身につければ、三年の内に寝技のポイントゲッターになれるのである。

[平成27年 主将 三枝 信太郎]